占い好きな人、必見!

夢占いは本当に当たる?夢と潜在意識との関係性についても解説!

誰もが日常茶飯事的に見ている夢。

見た夢の意味を紐解くことで、未来に何が起こるのかを占う「夢占い」をご存知でしょうか? 自分が見た夢にはどんな意味があるのかを知りたくて、ネットで検索したり夢占いの本で調べたりする方もいるでしょう。

では、実際のところ、夢占いは本当に当たるのでしょうか。 夢にはどんな意味が込められているのか、また夢と潜在意識との関係性についても、あわせて考えていきます。

夢占いとは?

夢には、人には見えない世界や無意識の領域からのメッセージが送られている、という説があります。 強く印象に残る夢を見たとき、“もしかして予知夢かも”と思った経験はありませんか?

夢占いとは、夢に登場した人や物、状況、状態によって、夢をみた本人の心理状態や近い将来に起こる出来事を当てる占いです。

夢の種類によってストレス解消型、危機回避型、現状把握型、回帰型などに分類したり、東洋と西洋では同じ夢でも解釈が違ったりと、夢占いの種類や解釈の仕方はなかなか複雑です。

夢占いは本当に当たるのか?

夢占いが本当に当たるのかどうかについては、みなさんが1番興味のあるところではないでしょうか。

結論から言えば、100%当たる占いがないように、100%当たる夢占いもありません。 夢占いが当たるか当たらないかについては個人差もありますし、占いは占いに過ぎないと思っているくらいのほうが良いでしょう。

とは言え、夢占いの結果がまるで見当違いのものばかりかというと、必ずしもそうとは限りません。

悩みを抱えているときや、ストレスや疲れがピークに達しそうなときは、心や体の状態が脳に影響して、現実の状況を示唆するような夢を見ることが多いと言われています。

良い夢をみたときには素直に喜び、悪い夢をみたときには“少し気をつけたほうがいいかな?”というスタンスで、夢と付き合っていくのが良いのではないでしょうか。

夢と潜在意識との関係

夢と潜在意識とは何かつながりがあるのでしょうか。

潜在意識とは、自分でも把握できない無意識の部分です。 潜在意識自体が謎に包まれているだけに、潜在意識から何らかの意味を持ったメッセージが夢に送られてくるということを分析したり実証したりするのは不可能です。

けれど、無意識という意味では夢と潜在意識は仲間であり、夢の内容に潜在意識が関係している可能性は捨てきれないでしょう。

夢には本人が気付いていない“その人の真実の姿”が出てくることもあります。夢と潜在意識を結びつけて考えると、自己分析の際の手助けとなるかもしれません。

まとめ

夢占いについてくわしく紹介しました。 夢に捉われすぎて一喜一憂する必要もありませんし、過剰な期待や心配をする必要もありません。

夢占いの結果を今の自分を振り返る材料にしたり、自己分析に役立てたりして、毎日をポジティブに送ることを心がけましょう。

↑ PAGE TOP