薬剤師は地域によって年収に差があるの?

薬剤師の給料は地域差がある!

薬剤師は地域によって年収に差があるの?

以前と比べたら、薬剤師が活動できる職場の幅がかなり増えてきました。 本当に色々な場所で薬剤師として勤務できるようになりましたが、お仕事によって年収はバラバラです。 職種だけでなく、どの地域で勤務するかという「地域による年収の差」もあるようです。

どの地域が高くてどの地域が低いということははっきりは言えません。 狭い日本であっても、地域は本当に細かく分かれていますし、それによる年収の差を全て紹介するというのはさすがに不可能です。 しかし、地方と都市部を比べると、ある違いがわかりました。

都市部は物価も家賃も高いので、年収も多く貰えそうなイメージがあると思います。 しかし実はそんなことはなく、実際は地方で勤務したほうが年収が高くなるケースが多いのです。 年収だけでなく、福利厚生もしっかりしていたりします。

なぜ、都市部よりも地方のほうが高収入になりやすいのかというと、都市部では仕事がたくさんあります。 しかし、仕事がたくさんあるけど人もたくさんいます。 そのため、人気のあるエリアでは、薬剤師の人手が足りすぎていて飽和状態になっているのです。

しかし、地方はというと薬剤師の人手が足りていない地域が多くあります。 調剤薬局はもちろんですが、ドラッグストアでも薬剤師がいないと、薬を販売することはできません。 常に薬剤師をおいて、薬を販売できるような状態にするには、多少の人件費がかかってしまっても仕方ないのです。 重要なのは人件費がかさむことよりも、薬剤師がいなくて薬が販売できなくなることのほうが大変なのです。 お腹が痛くてはやく薬を飲みたいのに、ドラッグストアに行ったら薬剤師が不在なので、薬を販売してもらえなかったなんてケースもあるそうです。

また、同じ県内であっても、人口が多い地域で勤務するよりも、人口が少なくて薬剤師が不足している地域で勤務したほうが年収が高くなります。 因みに都市部と地方で年収の差を比べると、100万円以上差が出ることもあるそうです。 元々都市部に住んでいる人の場合は、抵抗があるかもしれませんが、地方出身の場合は、地元に戻って職場を探すのも悪く無いと思います。