薬剤師が円滑に退職するためには?

ストレスなく辞めるためには?

薬剤師が円滑に退職するためには?

転職をするということは、今の職場を離れないといけません。 これは薬剤師に限らずに言えることですが、今までお世話になった職場の退職手続きを円滑に進めることも、転職活動の一環だと思います。 円滑に退職できれば、罪悪感に襲われるということもありませんし、次の新しいお仕事を気持ちよくスタートさせることができると思います。

まず、退職をするときは最低でも2ヵ月前には伝えるようにしましょう。 退職をするということは、絶対に一番に直属の上司に伝えるようにしましょう。 その上司が原因で退職をするという場合でも、同僚や直属の上司よりも上の立場の上司に先に伝えるということは、絶対に避けるようにしてください。 これは上司にとってマイナス要素でしかありませんし、トラブルの原因にもなります。

退職について上司と離す場合、やはり本当の退職理由は話しにくいこともあると思います。 なので、面接の練習だと思って、ポジティブな退職理由を考えてみてください。 また、今までお世話になったことについて、感謝の気持ちを伝えるのも大切だと思います。

そして退職予定の1ヵ月前までには退職願を出しましょう。 退職願には基本的に「一身上の都合により」程度で、詳しく退職理由を書く必要はありません。 また、この時期から少しずつ引き継ぎの準備を始めましょう。

まだ自分がやるべきことが残っているのならば退職予定の3週間前までには終わらせます。 そして万全な環境で引き継ぎを行いましょう。 しっかりと後任者に引き継ぎを行うということは、退職する人のマナーだと思います。

そして、メールやハガキにて退職の挨拶をしましょう。 感謝の気持ちをきちんと伝えて、退職をする日にはなにもやり残しのないようにしましょう。 返却するものは返却する、必要な書類などはきちんと用意をします。

これが円滑な退職の方法です。 薬剤師は比較的転職の多い職業ですが、退職するにあたってトラブルを起こしてしまう人もいると思います。 更に人間関係が悪化してしまったりすることもあるので、そうならないように、円滑に退職できるような準備が必要です。