治験コーディネーターに求められる資質

治験コーディネーターに必要なスキルとは

治験コーディネーターに求められる資質

近年耳にする機会の増えた[治験コーディネーター][CRC]のお仕事は、 治験の現場での需要も高まり、薬剤師など医療従事者の新たな選択肢として知名度を上げています。 私たちの暮らす医療先進国である日本では、日々多くの新薬が 開発され続けており、その新薬開発における治験の現場で、 [治験コーディネーター]は欠かす事の出来ない重要な役割を担っているのです。

とはいえ、[治験コーディネーター]は具体的にどのような働きで 治験に貢献し、そして何が求められているのでしょうか?このポイントから、[治験コーディネーター]への転職活動でアピールするべき資質が分かるのではないでしょうか。 ぜひ、[治験コーディネーター]への転職活動の参考にしてみてください。

治験の現場における[治験コーディネーター]の役割は多岐に渡り、 治験に携わる様々な立場の方々の間に立ち橋渡しのような役割を行ったり、 スケジュール管理や、治験実施での様々な業務のサポートも行っています。

その全ての業務が大切なお仕事ですが、中でも被験者となる患者さんへの フォローやケアは非常に重要でしょう。治験に参加する患者さんに対して 新薬の服用方法や副作用の説明、また患者さん自身が抱える疑問・不安を払拭し、 安心して参加できるよう促し、守る重要な業務です。不安や疑問を抱える患者さんを支える [治験コーディネーター]には、高度な対人スキルが求められるでしょう。

もちろん、患者さんへのフォローやケアだけが[治験コーディネーター]の仕事ではありません。 スムーズな治験実施を進めるため、医師や看護師、製薬会社、スタッフの皆さんの中を調節し、 データの共有をはかり、同時に適性な試験が実施されるため勤める事が求められています。

[治験コーディネーター]への転職では、治験の現場で医療的判断ではない全ての業務を 請け負う事が出来るスキル、そしてこれまでのキャリアがシビアに評価されるでしょう。 多くの物が求められる職業であるからこそ、達成感も大きくやりがいに溢れた職業といえます。