治験コーディネーターのアルバイト求人について

治験コーディネーターのアルバイトに転職!

治験コーディネーターのアルバイト求人について

経験に基づいた知識や技術がシビアに評価され、収入も大きく左右される [治験コーディネーター][CRC]という職業では、その後の転職に活かすため 認定資格の取得によって自己の価値を上げ、キャリアアップを目指すという手段も有効です。

この[治験コーディネーター][CRC]の認定試験は学会や業界団体によって 複数行われており、どれも“2年以上の実務経験”を条件としたものになっています。 いずれにしても一旦は[治験コーディネーター]として就職し 実務経験を積んだ上で資格取得を目指す必要があるのです。

日々の業務をこなしながら資格取得を目指すとなると、「アルバイト」として働きながら・・・ というアイディアが浮かぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか? [治験コーディネーター][CRC]には、アルバイト求人も存在しますね。

確かに、アルバイトで働きつつ実務経験を積み、且つ資格取得を目指す方法を選択する方もいらっしゃるようです。しかし、アルバイトと言えどその業務が楽である訳ではありません。 被験者となる患者さんへのフォローや、スケジュール管理、また様々な補助業務もこなす必要があるのです。

さらに、[治験コーディネーター]という職業の“キャリア・スキル重視”はアルバイトでも別ではありません。そもそも1年の実務経験がなければ応募資格さえ無いといった求人も珍しくはありませんし、 その時給も本人のキャリアや技術・知識の影響で大きく異なります。 アルバイトとして働くにも、それまでの経験が問われている事を覚えておきましょう。

とはいえ、アルバイト求人にはデメリットしかない訳ではありません。 未経験者OKの求人も少数派ながら存在している事も確かです。 「資格取得」・「キャリアアップ」の両立を目指せる方法として視野に入れてみてはいかがでしょうか? 求人情報の収集には、転職支援サイトの利用が有効です。 このようなサービスを賢く利用し、後悔の無い転職を成功させて下さい。